在籍確認が不安 外国人でもお金をかりられる?

在籍確認が不安 外国人でもお金をかりられる?

在籍確認が不安 外国人でもお金をかりられる?

 

お金をかりる場合には、銀行や消費者金融などがありますが、これらの多くは日本人を対象にしているローン商品になるため外国人が利用する場合にはいくつかのハードルをクリアする必要があります。

 

日本で外国人お金借りる場合には、第一に日本で生活をしており収入を得ていることと、第二に日本語が理解できることです。

 

基本的にどのローン商品も日本国籍者だけに限定しているわけではなく外国籍の人でも利用することは可能です。銀行の場合には一定金額の収入があることなどが条件としているところもありますが、近年は安定した収入があれば利用できるといったものも増えています。一方で消費者金融の場合には基本的に安定した収入があればよくアルバイトやパートでも利用することは可能です。

 

一方で、外国人お金借りる条件としては、日本で生活をしていることが条件とも言えます。基本的には在留カードまたは特別永住者証明書があることです。

 

在留カードは日本での長期滞在を行う外国人に認められたもので、内容としては3ヶ月以上日本に滞在する権利を証明する許可証になります。つまり、日本で生活することを前提とした外国人が持っているものであるため在留カードがあればお金を貸しても返済してくれる目処があると判断されます。

 

一方で、特別永住者証明書は、特別永住権を保有している人に対して発行される証明書で日本に永住する権利を有している人を指します。日本では多重国籍を認めてないこともあり、日本国籍を保有する場合にはほかの国籍を捨てる必要がありますが、両親が外国人であったり国籍を捨てたくないといった人のために発行されるものです。

 

特別永住者証明書を保有しているということは、日本に住んでいることを意味しているため日本で生活をしていることと見做されます。いずれにしても在留カードまたは特別永住者証明書を保有していることが、銀行や消費者金融を利用するための最低条件といえます。

 

次に必要なのは日本人でも同様ですが安定した収入があるかどうかです。信用力の高いローン商品であれば、それだけ高い信用力が求められ具体的な雇用形態や年収が必要になります。

 

つまり定職に就いておりそれなりの収入を得ていればお金を借りることは容易ですが、反対にアルバイトやパートといった不安定な雇用であれば外国人であるということも考慮されて審査に通るのが難しくなります。

 

特に在留カードの場合にはいずれは帰国するため信用力に劣るぶん不安定な雇用形態であれば借入れすること自体が難しいといえます。特に在留期間が短い場合には審査に通ることは困難です。

 

 

また外国人にとって最大の障壁となるのが日本語能力があるかどうかです。ローン商品の多くは日本語でしか説明を行っていないところも多くあり、そのため日本語を話すだけでなく読んで理解する能力があるかどうかが重要になります。

 

特にローン契約をする場合には本人しか行うことができないため、通訳を入れることはできません。契約の内容を理解していなければ借入後のトラブルの元になります。

 

 

いずれにしても、外国人お金借りる場合の条件としては、日本に滞在して生活を行っており、日本語を十分に理解しているということになります。これらの条件をクリアしていれば審査そのものは日本人と変わらないものになります。

 

なお、有利に審査を進めるポイントとしては、日本の銀行口座を保有しており給与振込を行っていることです。

 

この場合にはその銀行のローン商品の審査に通りやすいといったメリットがありますし、その銀行と提携している消費者金融であれば、同様に審査に通りやすくなります。また銀行引き落としでの返済が可能であれば、返済のし忘れを防ぐことができます。